オハナロゴ

Ohana

里親募集型ふれあいサロンOhanaとは?

ohanaはハワイ語で家族。

この場所で命のohanaを咲かせたい。

皆さん、こんにちは!

福島県いわき市で『NPO法人動物愛護団体LYSTA』を運営しております代表の鈴木理絵と申します。

 

LYSTAは東日本大震災及び福島第一原発事故から半年後、旧警戒区域(現在の帰還困難区域)にとり残された動物を助けたい一心で、一人で立ち上げました。今は7名のスタッフと県内外からのボランティアさんに支えられ6年目を迎えました。

 

5年間で約500頭の犬猫を保護し、約300頭に家族が決まり卒業していきました。これだけ多くの犬猫を助けることができたのは、協力してくださっている支援者の皆様、スタッフ・ボランティアの皆様のお陰です。

 

しかし、これからも活動を安定して継続していくためには、支援金だけに頼るのではなく、自分たちで活動資金を生むこともしなくてはいけないと感じ、猫に関わる問題を解決していくために『里親募集型保護猫ふれあいサロン Ohana(-オハナ)』の運営を考えました。

 

しかし店舗を作る資金がありませんでしたので、クラウドファウンディングを通して資金を募ることにしました。皆様のご支援により約600万円の資金を調達することができました。

 

『Ohana』は、保護している猫たちが家族に巡り合うチャンスを増やすための「里親募集型の保護猫ふれあいサロン」と「野良猫の不妊去勢手術の病院」の2つの機能を併せ持った猫のための総合施設です。

 

お店は福島県いわき市の湯本駅前で、映画「フラガール」の舞台となった「スパリゾートハワイアンズ」もある観光地であり「フラの町宣言」もしている温泉街です。

店名の「Ohana」はハワイ語で「家族」という意味です。みんなで力を合わせて命の「ohana」を咲かせようというコンセプトのお店です。

 

里親募集型保護猫サロンは、保護している猫たちと里親さんとの出会いの場となります。同じ空間で触れ合うことによって猫の性格がわかり、猫との暮らしが想像できるようになります。

 

そして、里親がみつかるチャンスが増えることによって保護枠が空き、保護が必要な猫をもっと保護してあげることができます。

 

いわき市保健所に収容され殺処分されているのは子猫の割合が圧倒的に多いです。

 

殺処分数を減らすには「飼い主のいない猫」の不妊去勢手術を実施し、一代限りの命を全うさせ、保健所に持ち込まれる子猫の頭数を減らすことが重要です。

飼い主のいない猫を減らすことが、殺処分数の減少に繋がります。

 

・殺処分を減らすために飼い主のいない猫の不妊去勢手術を推進していきたい!

 

・保護猫たちとふれあう場所を提供し、ペットを飼うのに「里親」の選択肢があることを知ってもらいたい!

 

・家族をみつけるチャンスを増やしたい!

 

・活動継続のためサロン入館料で僅かでも保護活動資金を補っていきたい!

 

・「家族」というかけがえのない存在になりうる犬猫の命の「ohana」を咲かせたい!

 

皆さまの力をお借りし、猫たちのための希望の場所に作り上げていきたいと考えております。

Contact

Ohana運営団体のLYSTAでは、常時約150頭の犬猫を保護しております。一カ月100万円以上の経費がかかっており、これ以上保護する場所もありません。一般の方から、犬猫の引き取りは一切行っておりませんので、ご了承ください。

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。

里親募集型保護猫サロン オハナ

〒972-8321 福島県いわき市常磐湯本町天王崎1-56

tel.070-2028-3838

1-56, Tennouzaki, Jobanyumoto-cho,Iwaki city, Fukushima, 972-8321

Copyright © 2017 Ohana All Rights Reserved.

Ohanaロゴ
オハナロゴ